Best WordPress Theme based on Material Design - Materialize is a freemium WordPress theme developed by myThem.es

admin

様々なメディアミックスがされている藤沢周平の「蝉しぐれ」

ドラマ化や映画化もされている「蝉しぐれ」。宝塚で舞台化もされていたらしい。
これも白井一成が好きな一作で、藤沢周平の代表的な作品のひとつだ。Wikipediaを見てみたら、新聞に連載されていた作品だったんだね。

架空の藩のお話で、主人公文四郎の成長と恋の物語。細やかで、まるでドラマを見ているかのような美しい風景描写が魅力だと思う。まるでそこに居るかのような錯覚を覚える……。
中身は、友情、青春、恋、暗殺、秘剣、謀略、切腹と時代劇にありそうなシーンがこれでもかと詰め込まれているんだけど、それを上手くまとめているのが読んでいて心地よかった。どこかで物語が破綻していたり、綻びがでてしまいそうだけれどそれが全くなかった(と自分は思う)
読んでいくうちに文四郎の成長とか恋とかを応援している自分がいて、感情移入しっぱなし。最後は本当に感動したなぁ。
静かな感じなんだけど、熱くて。うまく表現できないけれど、時代小説に興味のある人や、読んでみたいって思っている人にはまずこれをすすめるかなってくらい。
実際にすすめた友達も、これは読みやすいし面白かったって言ってくれたし。

一口に成長の物語と言っても、その道のりは平たんではなく世の無常さ、切なさ、絶望感を経験しながらもくじけずに前を向いて生きていく姿に心を打たれた。自分もこんなひたむきさを持たねばと思った。
小説はストーリーの面白さもさることながら、自分の中の自分(語彙力がない)を見つめ直すいい機会になると思う。主人公から、ああ、自分もこうしなきゃだめだな、とかもっとこうしよう、と思えるので、学んだことを活かして生きていこうと思える。
読んでいて清々しく、生き方をも教えられるようないい作品だった。

尺的に仕方のないことだけれど、小説から入って映画を観たりすると、なぜこのシーンをカットしてしまったんだ!とか思う人なのであまり小説から映画やドラマは満足することが少ないのだが、これはちょっと映像化された作品も観てみたいなって思うのが本音。
この内容をどうまとめてくるのか…気になる。キャストの演技とか、音楽とかもあるしね。
まあ、そんな奴だから映画から小説の流れの方が抵抗感なくスッと入っていきやすいかも。

時代小説ではないけれど、永遠の0とかは完全にそのパターンだった。映画館で観て物凄い衝撃を受けて(岡田くんの最後の表情も主題歌も最高だった)、小説を読んだなぁ。ちょっと映画ではしょられているところとか、なるほど、と思いながら読めるというか答え合わせというか。映画って流れが速いから見逃しちゃうところもあるし。その点、小説は自分のペースで読めるし、心情描写も繊細だから納得しやすいしね。
話が逸れてしまうけど、永遠の0はいい映画だったな。硫黄島からの手紙とかも好きなんだけど(特別ジャニーズが好きなわけではないが、岡田くんとニノは演技が上手いと思う)、こういうのは後世に語り継いでいかなければならないと思う。
こういう人たちがいたから、今の自分がここに立っているというか。白井一成も平和ボケした現代人以外の何者でもないが、先人の犠牲なくして今の日本はなかったからね。祖父母が運よく生き残って、運よく自分が生まれたわけだし。

時代小説もフィクションがほとんどだけど、たまに史実を元にして書かれているものがあるから、こういう人たちがいたから…というのはよく考えている。新選組とか特に好きだしね。自分もそのくらい必死に生きなければと思うんだけど、ついつい仕事に忙殺されて忘れがちになるので、そういう気持ちを思い出させてくれる小説や映画は貴重だと思う。こういう難しい題材で、先人に敬意を払いながら心に響く作品を生み出すのは大変だと思うけど、これからも作家さんは頑張ってほしいと思う。

令和突入

天皇陛下が生前退位し、新元号に変わった。白井一成は平成生まれだから、これで2つの元号を生きた事になるわけで。
新年を迎えたみたいにお祝いムードだったけれど、凄くいいことだと思う。
天皇が崩御して元号が変わったんじゃあ、こんな風に祝えないもんね。これからこんな感じで元号が変わっていくのかな。年齢的にもう1回くらい改元があるかなぁなんて。

まあその新天皇即位のおかげで、今年のゴールデンウイークは10連休だった。最初はこんなにたくさんの休み、どうしようかなんて考えていたけど、結局友達と飲んだり読書したり、映画観たり、なんだかんだダラダラしていたらあっという間に過ぎていった。
これだともう10連休くらいあってもいいかなって思う(笑)
世間で何連休が理想?なんてアンケートもあったみたいだけど、第一位は5連休だって。まあ確かに、その位がちょうどいいかもね。
自分はオンオフきっちりと分けるタイプだから、休みの間は一切仕事のことは考えなかったし(流石に最終日の夜は憂鬱になったけど)連休明けにやる仕事とか、会社のPCのパスワードちゃんと覚えているかちょっと心配だった。でも、まぁ意外と人間覚えているもんだね。

令和になって変わったことは、まだ特に思いつかない。書類とかにも令和って書いてないし。いざその時になったら、癖で平成って書いちゃいそうだけどね。
Twitterで、平成って書き間違えそうになっても三画までならリカバリーできる、みたいのを見て、みんな考えることは一緒だなぁと思った。
自分も割とそういう書き間違えた字をリカバリーするのは得意なので、もしやってしまった場合無理やり直させてもらおうと思う。

どこかのカフェで、平成と令和のラテアートが人気になったみたいなニュースを見たけど、みんなよくやるなぁと思った。某ビジュアル系バンド(あれはビジュアル系なのか?あのほとんどがエアでやってるやつ)は新元号が発表された数時間後に新曲をリリースしてたし。すぐにPVも作って配信してしまうなんて、ここまでくると凄いなって感心した。どんな出来なのか、ちょっとは気になったけど結局見てないんだけどね……。令和Tシャツとかも見かけるし、流石にあれは外国人のお土産にしかならないんじゃないかなと思った。

あと個人的によくやるなと思ったのは、平成最後の昭和の日(4月29日)に明治R-1を大正駅で飲む人が続出したやつ。
くだらないなぁと思いながら、元号勢揃いでよくそういうことが思いつくなぁと感心もした。しかも明治もこのネットの反響で「祝・令和元年」の記念ボトルを発売するそうだし。そういうノリは嫌いじゃない。すぐに行動に起こす企業は流石だなと思うし。
話は逸れるけど、R-1は免疫力アップにいいときくし、自分も飲んでみようかなぁと思う。

漫画の神様「手塚治虫」

白井一成は小説だけでなく、漫画も嗜む。ジャンプやマガジン、サンデーなど幅広く読むけれど、やっぱり一番好きなのは「手塚治虫」作品。

時代が変わっても色褪せないあの面白さがたまらない。そしてなんといっても作品数の多さも特徴だと言えるだろう。作品によって読者に語り掛けてくる内容もまた異なり、奥深い。

ブラックジャックや火の鳥、ブッダなんかは学校の図書室に置いてあって、借りては読んでを繰り返していた。あの当時の自分は、学校で漫画が読めるなんてラッキー、くらいにしか思っていなかった。しかし、これだけはまることになるとは、あの時の自分は知る由もない。

作品完結後、作者がこの世を去ってからも多くの作品がメディアミックス化されているのも凄いことだろう。まあ、神様の作品だから当然の流れなのかも知れないが。
ブラックジャックはかなりお気に入りの漫画のひとつなので、アニメも色々と見た。何度もアニメ化・リメイクされているが少し前のアニメの方が好きかな。

漫画もヤング・ブラックジャックというブラックジャックの若かりし頃を描いた漫画もある。物凄いブラックジャックがかっこいい(絵がかっこいい)のだけれど、あれは最早別物として楽しんでいる自分がいる。普通に絵が綺麗だし面白いけどあれはまた違う作品だね。

ブラックジャックが天才的な医療技術でバッサバッサと患者を治していく(実際はそんな感じでもないが……)のも面白いし、その中の感動的なストーリーもいい。
モグリの医者だけれど、立場の弱い者にはとても優しいし、はたまた成金や黒い金でのし上がった悪者には多額の治療費を請求したりと容赦がない。ブラックジャックのキャラクターに魅かれている人は多いだろう。
どうしても助けたい人を助けられなかったり、人間の脆さや人生の無常さ、葛藤や苦悩も描いていて、考えさせられることがたくさんある。

ブラックジャックだけじゃなくて、その周りのキャラクターも魅力的な人が多い。
特に助手のピノコはブラックジャックと正反対の属性で、お互いを引き立たせているというか。明るくて可愛らしくて。幼女と黒い恰好で顔にツギハギのある陰険な男とのビジュアルがまたいい。二人のやり取りも面白いしね。ピノコの誕生……というかピノコがこの世に生まれてきた話も好き。アッチョンブリケも実際の意味はよく分からないけれど、ピノコって感じでいいよね。

あとかなり気になる存在なのはドクター・キリコ。この人の風貌もかなり特徴的で、医者なのに割と死神に近い感じ。「死神の化身」なんて異名があるくらいだしね。
キリコも信念を持って生きているけれど、治る見込みのない患者を苦しませるよりも安楽死の方がいいといった考え(軍医時代に苦しんでいる兵士たちを安楽死させているうちにそう思うようになったらしい)と、命を助けるために医者になったブラックジャックとはしばしば対立することになる。
頻繁に出てくるわけじゃないけれど、かなり印象に残るキャラクターだから人気も高い。(ヤング・ブラックジャックに登場した時にはテンションが上がった)

とまぁ、白井一成が結構ブラックジャックが好きなのはわかってくれたかと思う。手術というか病変箇所のグロさが苦手な人もいるかもしれないけれど(自分も最初はちょっと苦手だった)、それをスルーできるようになれば、かなり面白い。
なんたって漫画の神様が描いた漫画だからね。自分で自分のこと手術しちゃうようなアッチョンブリケなシーンもあるけど(笑)色々考えさせられる漫画。
ブッダも途中までは読んでたんだけど、学校を卒業してから全然読まなくなっちゃったからまた読みたいな。

書いている人

ブログを更新していくにあたって簡単に自分(白井一成)について紹介していこうと思う。

自分は都内のIT企業に務めているサラリーマン。仕事は忙しいけど、なんだかんだ楽しい。新卒で入ってきたときは慣れるのに必死だったけど、最近コツを掴んできた感じ。

趣味は読書で、とくに時代小説ものには目がない。好きな小説家を一人選ぶとすると池波正太郎。文体も内容も俺好みで、どの小説も面白いからスゴイと思う。

このブログでも池波正太郎の小説の感想について書いているから、好きな人もそうじゃない人も読んでくれると嬉しいかな。

もちろん小説だけではなく、漫画も読む。漫画を語る上でやっぱり手塚治虫は外せない。ブラックジャック、火の鳥、どろろとか。

他にもロッククライミングや古着が好きだったり、まあ自分でも多趣味だと思うから、そういう日常的なことも更新していこうと思っている。

鬼平犯科帳に並ぶ魅力的な時代読みもの「剣客商売」

池波正太郎の代表作の一つに「剣客商売」がある。大人気シリーズとなっているので、たくさんの人が知っていると思う。池波正太郎の本を読まない人でも、題名くらいは知っているかもしれない。この本も白井一成の大好きな本だ。

時代は江戸中期。田沼意次全盛時代だ。田沼意次は歴史の授業でも出てきていたので、何となく身近に感じたりする。その時代に生きた剣の達人とその息子の話である。江戸屈指の件の達人と呼ばれる秋山小兵衛は60歳に近い年齢。白髪頭で粋な姿がカッコいい。見た目も浅黒い、たくましい息子とコンビでさまざまな事件を、剣で解決していく。

剣に命をかけ、人生を懸命に生きる姿は男らしく、ほれぼれしてしまう。魅力的な小兵衛は、白井一成も大好きなキャラクターだ。

「剣客商売」はよく「鬼平犯科帳」と比べられる。どちらが面白いか、というのは愚問でどちらも面白い。こう思っているのは白井一成だけではないと思う。どちらも登場人物が愛されるキャラクターであり、悪事を憎み成敗する話はスカッとして読んでいて楽しい。どちらを先に読めばいいか、と聞かれることがあるけど、自分はどちらでもいいと思う。剣客商売を読みながら、間に鬼平犯科帳を読んでもいいだろう。できれば巻を飛ばさずに読むと、より面白い。というか、飛ばして読むと、後悔することもある。

どちらの本にも言えるのは、最初はこんなにたくさんの巻があり、これからたくさん楽しめる、と楽しみになることだ。しかし、読んでいると次の章も読みたくなり、やめられなくなる。そのためアッと言う間に読んでしまう。残りが少なくなるととてもさみしい気持ちになる。だからできるだけゆっくり読んだ方が楽しみはなくならない……とはいっても、それは難しいのだけど。

管理人のtwitterも気になる人は・・・白井一成 s.kazunari(@s_kazunari_722)さん | Twitter

池波正太郎「幕末新選組」の永倉新八に興味深々

新選組関連の本は多数あり、好きな人も多いだろう。池波正太郎ファンの白井一成としては、断然「幕末新選組」をおススメしたいと思う。と言っても他の新選組関連の本はほとんど読んでいないのだけど……。

池波正太郎の「幕末新選組」は永倉新八の一生を描いた長編小説だ。新選組というと、近藤勇や土方歳三などが有名だけど、永倉新八も新選組において重要な役割を担った人物。撃剣師範の役を担ったり、池田屋事件では沖田総司たちとともに池田屋に突入し、戦っていたりする。永倉新八は少年時代から剣術を習い、剣術が巧みだったという。

「幕末新選組」では、近藤勇の人柄にほれ、新選組として活躍した様が描かれている。芹沢鴨にかわいがられ、藤堂平助とは仲が悪く描かれているけど、池田屋事件で永倉新八が藤堂を助け、そこから関係がよくなっていく。

私生活も順調で、妻を持ち娘にも恵まれる。しかし、時は流れ、新選組は落ちて行く。永倉新八は妻にも先立たれ、娘とも生き別れになってしまう。何とも悲しいと思う。

永倉新八はさっぱりとした性格で、人が好い。剣はめっぽう強い。しかし女性には弱い、という愛されるキャラクターだ。池波小説に登場する人物はなぜこんなにも愛おしく感じられるのだろう。そう感じているのは、白井一成だけではないと思う。剣に強い男性の不器用で恋愛下手な一面は読んでいてはがゆく、楽しい。白井一成は、剣は全くできないが、女性に対する気持ちは分かるような気がする。まあ、女性の心理を読み解くのは、あまり得意ではないのだけど……。

友達への想い、家族への愛情などがこまやかに描かれ、心がホッとするシーンも多い。歴史ものだから歴史の勉強にもなるし、読み物としても十分楽しめる。これを読んだら、永倉新八という人物についてもっと知りたくなると思う。

首コリの原因は枕だった!

何だか最近首が凝る、と感じている。白井一成は、それほど凝る方ではないのだけど、疲れも次の日に残っている。原因は何か思い返してみた。いまのところ仕事はそれほど忙しくない、趣味のボルダリングもやりすぎたりしていない、運動不足なわけでもない。読書をしすぎて眼精疲労になっているのかなあ、などいろいろ考えてみたけど、とりたてて「これ!」という原因が見つからなかった。

もしかして……と思ったのが枕。数日前、枕にコーヒーをこぼしてしまったので、別の枕を使っているのだ。ゲスト用の枕だから、使い慣れていないのかもしれない。白井一成はそれほど神経質ではないと思っていたので、枕が変わったくらいで体にこんな変調が出るとは、つゆほども思わなかった。

ここで枕について考えてみた。自分に合った枕というのは、大事なことらしい。あまり真剣に考えたことはなかった。若いうちはあまり気にならないのかもしれない。白井一成もまだ年ではないと思っているけど、10代のころのような健康体ではなくなっているのだろう。

首枕、とかタオルで枕を作るなどよく話を聞く。枕は高すぎると首がこったり、腰に負担がかかったりするらしい。自分は意外と高い枕が好き。低いとなんとなく気持ちが悪くて落ち着かない。寝た状態でも、立っている状態と同じ姿勢になるのがいいと言われている。ということは、やはり枕の高さは低い方がいいのだろうか。

また、あまりやわらかいのもいけないらしい。やわらかすぎると、首や頭を支えることができないので不安定になり、寝返りをうちすぎてしまい、熟睡できないという。なるほど。とはいっても硬すぎると、首への負担が大きくなり、首が痛くなったり、肩がこったりするらしい。そういえば、今使っている枕はいつものより硬いような気がする。早く枕を変えた方がいいかもしれない。

スマホを家に忘れた日

滅多にない経験をした、なんて大げさな話ではないのだけど、白井一成のブログとしてここに記録してみよう。
なんてことはなく、スマホを家に忘れて仕事に出かけたという話。

スマホは体の一部というか生活の一部になっているのは、白井一成だけではないと思う。目覚ましもスマホ、メモを取るのもスマホ、スケジュールもスマホ……という人はなんだかんだ多いんじゃないだろうあ。かくいう白井一成もスマホがないと何とも心もとない。忘れたことに気づかずに出かけ、会社に着くまで気が付かなかった。通勤時間は読書をしたりするから、スマホを使わなかったのだろう。

そのまま忘れたことに気づかなければ、あのときのショックを経験せずにすんだのに、なんて思うが、それは無理な話。会社に着いたら、まずスマホをチェックするのが習慣になっている。その日も、カバンの中に入っているはずのスマホを探した。……ない。くまなく探したが見つからない。ポケットにも、ない。まさか、落とした? いやいや落とせば気が付くだろう。一番青ざめたのは、落として、それを拾われて悪用されることだ。ドキドキしながら朝の自分の行動を思い返してみると、思い当たった。昨夜充電をし忘れて、朝に充電していたのだ。そしてそのまま出勤してしまったのかもしれない。ちょっと安心した。白井一成のスマホは無事に家にある。

と安心したのもつかの間。誰かから急な連絡が入ったらどうしよう? 誰かに連絡を取らなければならなくなったら、連絡先も分からない、どうしよう? ゲームもできないしツイッターはまあいいとしてメールもできない。などと不安な時間を過ごしたけど、仕事をしていれば1日はアッと言う間に終わってしまう。その日は急いで家に帰ったのを覚えている

すぐにスマホをチェックしたけど、急用は何もなかった。よかった。意外とスマホなしでも生きていけそう…でもないか。でも、スマホが手元にないと、あきらめがつくので以外と楽な気分になった。新鮮な気分だったと思う。

ネイル男子も増えている?

女性のネイルはいいとか、嫌だとか、見解が分かれるところらしい。白井一成としては、普通の意見。ピンクのネイルなら歓迎。かわいいし、キレイな爪は美しいし、気を遣っているんだなあ、と好印象に感じる。女性のネイルはまあ普通のこととして、ネイル男子もいるらしい。マジシャンとか爪のケアをしているのは分かる。最近は営業マンでもネイルをしている男性がいるようだ。

最初は「え?!」と驚いたけど、今では女子のようにファッションや髪、服装に気を遣い、メンズエステにも行くという男性がいるようだ。エステはヒゲ脱毛ではなくて、スキンケア。確かにがさがさの肌よりも、つやつやの肌の方がいいのはわからなくもない。白井一成も肌は丈夫な方ではなく、すぐにカサカサしてしまうから、少し気持ちはわかる。これから年を取っていくにつれて、ますますカサカサになるのではないかとちょっと不安を覚える。

スキンケアはさておいて、ネイルはどうだろうか? 男性で爪がキレイなのは、別に悪くない。営業は清潔感も大事という話だし。ささくれでがさついている手で名刺交換をするよりも、美しい手の方がいい……のだろうか? 男性の場合はあまり気にならないような気もしなくもないのだけど。

なんだかんだ、爪もピカピカの方が女性からも評価が高いのだろうか? そういえば、最近は男性でもマニキュアを塗っている人もいる。一般人では少ないが、芸能人などはブルーや黒のマニキュアを塗っている。そこまでのオシャレには、白井一成はまだついていけない。

爪を切っていない手はあれだけど、ピンクのネイルも……まだ自分はできそうにないかな。トップコートとかを塗ってツヤを出すくらいなら、いいかなと思わなくもないけど、きっと自分ではしないと思う。清潔感重視の世の中だから、今後は男性のネイルケアも普通になっていくのかもしれないけど。

そういえばギターを弾く人も、爪のケアはしているみたい。アコースティックギターなんかがそれみたいで、自爪を強化する目的でネイルをする人もいるんだとか。
確かに、そのままの爪より何かを塗ったりする方が強くなるのもわかる。
弦を強く弾いた拍子にバキッと割れてしまったら辛いしね……たまに右手だけ爪がボロボロだけど、左手の爪はキレイなんて人がいたら、ギターを弾いている人かも知れないね。色々なところに需要はあるものだ。